プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン 大判IJPに新製品 初の「レジン2機種」と「UVフラットベッド」で新分野を開拓


【2020年9月17日】エプソンはこのほど、サインディスプレイ業界向け SureColor シリーズの新商品として、シリーズ初のレジンインクを搭載した「SC-R5050/R5050L」とシリーズ初となる UV インクを搭載したフラットベッド機「SCV7000」を発表した。
いずれも今年12月中旬から発売する。
「SC-V7000」は受注生産品となり、今日から受注を開始した。


レジンタイプの「SC-R5050/R5050L」とフラットベッド機「SCV7000」

エプソンは2012 年にエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンタでサイン&ディスプレイ市場へ本格参入し「SC-S80650」やその後継機がベストセラーとなっている。

今回新たに投入するのは、「SureColor」シリーズでは初の「レジンインク」と「UV インク搭載のフラットベッドタイプ」の2 機種3モデル。
これにより、従来のサイン&ディスプレイ市場に加え、壁紙などの内装や掲出用の大型パネルなどの市場を獲得するという。

 

「SC-R5050/R5050L」

レジンインク搭載の「SC-R5050」と「R5050L」は、新開発のレジンインク「UltraChrome RSインク」を6色搭載可能。

レジンインクは速乾性が特長で、ソルベント(溶剤)系インクで必要だった、プリント後のエイジング(乾燥時間)が必要ない。このため、プリント直後に、カッティングやラミネートなどの後加工が可能になる。また、インクに含まれるVOC(揮発性有機化合物)が少なく、作業環境にやさしいことも特長だ。

対応メディアも幅広く、塩ビやターポリン、フィルムのほか、普通紙や壁紙、テキスタイルなど幅広いメディアにプリントできる。
最大出力幅は1,616mm、最大出力速度は21㎡/h、最大解像度は1,200×1,200dpi。

インクは、1パック1,500mlのインクパック方式を採用。「SC-R5050L」では、各色2本のインクパックを搭載でき、出力中でもインク交換が可能なホットスワップに対応し、インク交換によるダウンタイムを削減する。

また、両機種ともに、エプソンの「ユーザーセルフリペア保守」加入により、ユーザー自身がプリントヘッドを交換ができる。これにより、ヘッド故障によるダウンタイムを最小限に抑制できる。

画質は、独自の「マイクロウィーブ」「ハーフトーンモジュール」「LUT」という3つの技術「Epson Precision Dot Technology(エプソン プレシジョン ドット テクノロジー)」により、粒状感やバンディングを抑えている。
プリントヘッドは独自の「PrecisionCore」のマイクロ TFP プリントヘッドを搭載。ヒーター部を4分割して温度制御する新しいヒーター機構との組み合わせにより、面内色差が少ない色安定性を実現した。

搬送も、ヘッド擦れを自動検知する「ヘッド擦れ検出機能」を搭載。ヘッド擦れのままプリントを行うことで発生するプリントミス量を軽減する。

価格は「SC-R5050」が240万円、「SC-R5050L」が290 万円(税別)。
2020年の販売目標台数は、両機合わせて80 台。

 

「SC-V7000」

「SC-V7000」は、同社初のUV硬化型フラットベッドプリンタで、新開発の「UltraChrome UV インク」10 色を搭載する。
インクは不透過性が高く、メディアの影響を受けづらいことが特長。CMYKのほか、白色やライトシアンやライトマゼンタ、グレーインクなどを用意しており、大判のサイン以外にも、近接サインやグッズ、ファインアートなどの用途でも活用できる。
透明インクも搭載しており、全面塗工はもちろん、スポットニスにも対応。UVインクの特性を生かした厚盛での出力も可能。

プリントヘッドは8 基を搭載し、最大出力速度は最大43㎡/hを実現した。
対応メディアサイズは2,500 x 1,250 mm、メディア重量は50㎏/㎡まで可能。メディア厚は80㎜までで、厚さを自動で測定する機能を搭載し、部分的に厚みが違うメディアでもヘッドの高さを自動で調整する。

また、メディア表面の静電気を除去し、印刷中の吐出安定性を向上するイオナイザーを搭載、安定したプリントを可能にする。
さらに、ホワイトインクの詰まりを抑制するインク循環システムを搭載している。

このほか、4 分割のメディア吸着エリアなども実装している。
価格は930 万円(税別)。

同社では2020年の販売目標を 5 台としている。

セルフリペア保守について
www.epson.jp/products/largeprinter/port/

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.