プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

キヤノン 大判IJPを2機種を発売 スキャナー&操作パネルでPCなしでも運用可能


【2017年10月7日】キヤノンは10月下旬、大判インクジェットプリンタ(IJP)「imagePROGRAF(イメージプログラフ)」シリーズの新製品として、簡単な操作でコピーやスキャンが可能な「imagePROGRAF iPF770 MFP-2」「imagePROGRAF iPF670 MFP-2」の 2 機種を発売する。


「imagePROGRAF iPF770 MFP-2」

A0ノビ対応の「iPF770 MFP-2」とA1ノビ対応の「iPF670 MFP-2」はいずれも PC を使わずに大判カラーコピーやスキャンが可能な5色インクの大判インクジェット複合機。

取り外しが可能な小型で軽量なスキャナーと本体前面ですべての作業が可能なプリンタを組み合わせ、コンパクトにすることで、事務所や小売店などの限られたスペースでも設置できる。

「imagePROGRAF iPF670 MFP-2」

さらに、ネットワーク環境での利便性や効率性を強化しており、業務の生産性向上に貢献する。

大判スキャナーに原稿をセットし、パネルを操作するだけで、簡単に大判サイズのカラーコピーが可能。新たにタッチパネル方式のカラー液晶とわかりやすいユーザーインターフェースを採用し、直感的な操作を実現する。

同機の導入により、建設・土木・設計現場などで、CAD 図面の大判コピーや、手書きで修正した図面のデジタル化が簡単に可能となり、関係者間で効率的に情報を共有できる。
また、教育現場や小売店で、A4 サイズの資料を拡大コピーし、簡単に大判サイズのポスターや教材が作成できるなど、幅広い大判出力へのニーズに応える。

価格は「imagePROGRAF iPF770 MFP-2」が54万8,000円、「imagePROGRAF iPF670 MFP-2」が47万8,000円。
生産台数は月800 台。

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.