プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー クラウドプラットフォーム対応機「RICOH IM C300」シリーズ2モデルを発売


【2019年11月26日】リコーはこのほど、A4 デジタルフルカラー複合機の新製品として「RICOH IM C300」と「RICOH IM C300F」の2モデルを発売する。


「RICOH IM C300」

新製品は、2017年2月発売の「RICOH MP C307」の後継機種。A4 デジタルフルカラー複合機では初めて、複合機や電子黒板、カメラなどのエッジデバイスを、クラウドプラットフォーム「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォーム」を介して各種クラウドサービスと組み合わせられる「RICOHIntelligent WorkCore」に対応する。これにより、オフィスワークの自動化・省力化を推進できるという。


「RICOH IM C300F」

店舗の事務所やバックヤードに設置できる小型機でありながら、連続複写速度はフルカラー・モノクロともに 30 枚/分(A4 タテ)と高い生産性を実現する。
一度の搬送で両面の同時読み取りが可能な 1 パス両面原稿送り装置を標準搭載しており、フルカラー・モノクロ同速の片面 40 ページ/分、両面 80 ページ/分の高速スキャンが可能。

また、使いやすさを向上させた 10.1 インチの大型フルカラータッチパネル新「MultiLink-Panel」を搭載し、複合機本体の導入後も基本性能を最新の状態にアップデートできる「RICOH Always CurrentTechnology」に対応した。

さらに、電源の位置やコネクタの形状を見直したことで、設置性も向上。これらの特徴により、設置スペースが限られた小売業、流通業の店舗や、オフィスのデスクサイドでの利用にも適している。

価格は「RICOH IM C300」が528,000円、「RICOH IM C300F」が598,000円(税別)。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.