プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

小森コーポレーション オフセット枚葉機「LITHRONE A37」と「G37」を「LITHRONE G」モデルに統合


【2018年3月30日】小森コーポレーション(KOMORI)はこのほど、A 全判オフセット枚葉印刷機「LITHRONE A37」「LITHRONE G37」の2機種を統合「LITHRONE G」モデルに一本化し、デザインも一新する。


GL-437+C (インラインコーター付 A 全判 4 色オフセット枚葉印刷機)

「LITHRONE A37」は最高印刷速度が13,000 回転、「LITHRONE G37」は15,000 回転の印刷機で、全世界で既に累計 350 台以上販売してきた。
小森コーポレーションではIGASイヤーの2018 年に合わせて、この 2 機種を統合。外観も「LITHRONE G26/G29」と同じくシルバー基調に一新する。

これにより、菊半裁(26 インチ)から四六全判(44 インチ)の全機種を「LITHRONE G シリーズ」として統一する。

「LITHRONE G37」はコンパクトながら菊全判(640mm×940mm)を給紙。2017 年からは市場の強い要望に応え、0.8mm までの紙厚に対応し、6 色・7 色・インラインコーター・渡し胴スケルトン仕様といった、パッケージ印刷に求められる仕様にラインアップを拡大した。

菊全判(40 インチ)機と同じベンダーレス仕様の刷版自動交換装置(Full-APC)をはじめ、準備時間を大きく短縮するショートメイクレディ技術が全て搭載可能。
また、分光式色調管理装置 PDC-SX、大型インフォメーションディスプレーKID、印刷品質検査装置 PQA-S など品質管理に必須のオプションも備えている。

小森コーポレーションでは、今後もラインアップの拡大とサポートの充実により、顧客のさらなる利益の創出に貢献するとしている。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.