プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキエンジニアリング UVインク「LUS-200」をUV硬化型IJP「UCJV300-160」へ搭載開始


【2018年6月14日】ミマキエンジニアリングは7月から、「LUS-200」インクについて、現在販売中のUV硬化型インクジェットプリンタ「UCJV300-160」と、今後販売を開始する「UCJV300-75/107/130」への搭載を開始する。

UCJV300-160 ミマキ

今回、「UCJV300 Series」で搭載可能となる「LUS-200」インクは2013年、ミマキと3M社が共同開発したUV硬化インク。
製品はUV硬化後でも200%伸びる柔軟性があり、車両ラッピングなど曲面施工が必要な場合でも、インク皮膜が割れることなく美しい仕上がりを実現する。

3M社が推奨する方法で施工すれば、最長6年間の長期屋外対候性保証が受けられる「3M MCS保証プログラム』が適用される。

施工後のメンテナンスが必要な屋外看板や、高度な耐候保証が求められる用途での利用に向いている。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.