プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

キヤノングループ 「キヤノンテクノロジーサイト」で「プリント画質定量評価技術」のページを公開 高速デジタル印刷機の高画質化を実現について紹介

LINEで送る

【2022年11月24日】キヤノングループはこのほど、同社が持つ技術を分かりやすく解説する「キヤノンテクノロジーサイト」で「プリント画質定量評価技術」のページを公開した。
同サイトでは、カタログや書籍、チケットなどの商業印刷分野で活用が進む、高速デジタル印刷機の高画質化を実現について紹介する。

商業印刷分野では、主流だったオフセット印刷から、多品種少量化のニーズに適したデジタル印刷へのシフトが進む。一方、写真やカタログのデジタル印刷では、印刷スピードを高速化すると、十分な画質が出せないという課題があった。また、これまで画質のノイズや文字の鮮明度などの評価は人の主観だった。

キヤノンは長年培ったノウハウを結集し、「人がどう感じるか」を点数化する「プリント画質定量評価技術」を開発。安定した画質評価に基づいて、世界中で製品開発を進められるようになったという。
さらに画質定量評価技術をベースに高画質化を追求し、印刷物の「スジ」や「粒状性(ざらざら感)」という課題を解消。この技術を用いて製品化したvarioPRINT iXシリーズは、画質が重視されるグラフィックアーツ市場で活用されているとしている。

キヤノンテクノロジーサイト「最先端を切り拓く技術 ~プリント画質定量評価技術~」
https://global.canon/ja/technology/iqq-evaluation-2022.html?utm

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.