プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

H&Iグローバルリサーチ 市場調査レポート「古紙再生の世界市場:種類別、地域別予測」の取り扱いを開始


【2018年10月19日】H&Iグローバルリサーチはこのほど、市場調査レポート「古紙再生の世界市場:種類別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)、地域別予測」(Bizwit Research & Consulting刊行)の取り扱いを開始した。

同レポートは、古紙再生の世界市場について調査し、古紙再生の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)分析、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめもの。

 

調査レポートの概要

日本語タイトル:古紙再生の世界市場:種類別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)、地域別予測
英語タイトル:Global Waste Paper Recycling Market Size study, by Type (Corrugated Cardboard, Newspapers, Magazines, White Office Paper, Mixed Paper), by Application (Wrapping Paper, Printing-and-Writing Paper, Other) and by Regional Forecasts 2018-2025
商品コード:BZW89S050
発行会社(調査会社):Bizwit Research & Consulting
発行日:2018年9月20日
ページ数:約80
レポート言語:英語
レポート形式:PDF
納品方法:Eメール(受注後3営業日)
調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
産業分野:環境

 

調査レポートの目次(一部抜粋)

・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・古紙再生の世界市場概要
・古紙再生の世界市場環境
・古紙再生の世界市場動向
・古紙再生の世界市場規模
・古紙再生の世界市場規模:タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)
・古紙再生の世界市場規模:用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)
・古紙再生の世界市場:地域別市場規模・分析
・古紙再生の北米市場規模・予測
・古紙再生のアメリカ市場規模・予測
・古紙再生のヨーロッパ市場規模・予測
・古紙再生のアジア市場規模・予測
・古紙再生の日本市場規模・予測
・古紙再生の中国市場規模・予測
・関連企業情報

「古紙再生の世界市場:種類別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)、地域別予測」調査レポートの詳細
https://www.marketreport.jp/global-waste-paper-recycling-market-bzw89s050-report


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.