プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

中部地方最大の包装の祭典「2018中部パック」開催 212社が出展 4月18日~4月21日まで ポートメッセなごやで


【2018年4月16日】「2018中部パック」が4月18日(水)~4月21日(土)までの 4日間、名古屋市のポートメッセなごやで開催される。
主催は中部包装食品機械工業会。

「中部パック」は、包装機械を中心に、食品機械や製パン製菓機械、物流機械、衛生・環境・検査機器、包装資材、食品材料などのサプライヤーが出展する見本市で2年に1度行われている。
今回は「包みたいものがきっとある」をテーマに、212社が出展する。
展示のほか、特別講演会やセミナー、食品や包装に関する実演も行われる。

入場料は1000円だが、事前登録で無料となる。
https://www.chubupack.or.jp/japanese/ad_reserve/

 

名称 2018中部パック

テーマ 包みたいものがきっとある
目的 包装機械、食品機械、製パン製菓機械、物流機械、衛生・環境・検査機器、包装資材、食品材料など、原料から製造、包装、物流までを一貫して展示し、業界の発展とユーザーとの共存共栄の道を拓く。
主催 一般社団法人 中部包装食品機械工業会
会期 2018年4月18日(水)~4月21日(土) 4日間
開催時間 午前10時~午後5時
会場 ポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭2-2)
展示規模 ・2号館/展示面積=6,576m² ・3号館/展示面積=13,500m²
入場料 1,000円(ガイドブック、消費税込、事前登録で無料)
サイト https://www.chubupack.or.jp/japanese/index.html

中部パック


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.