プリント&プロモーション――印刷ニュース NO.1サイト――

アサヒ飲料「ウィルキンソン 」ブランド2商品をリニューアル パッケージはカラーで「切れ味」「存在感」


【2017年3月15日】アサヒ飲料は4月4日(火)、「ウィルキンソン タンサン レモン」「ウィルキンソン タンサン ドライコーラ」(各PET500ml、PET500ml×4本マルチパック)をリニューアルする。

「ウィルキンソン」ブランドは1904年の発売以来、バーなどで割り材としてプロを中心に親しまれ続けてきた。2011年5月にはペットボトルでの全国発売を機に、“炭酸水の直接飲用”という新しいスタイルを提案してきた。

「ウィルキンソン タンサン レモン」は、ブランド特長として評価されている「強炭酸の刺激」とさらに相性の良いレモン感にブラッシュアップし、より爽快な味わいに仕上げられた。
ラベルは、「ウィルキンソン タンサン レモン」のイメージカラーの「青」をより強め、清涼感のあるデザインに刷新する。

ウィルキンソン アサヒ飲料

「ウィルキンソン タンサン ドライコーラ」は、刺激的なコーラのさらに強くし、無糖でありながらコーラの味わいが楽しめる“新感覚”の商品価値を推し進めたもの。
ボトルキャップのカラーに「赤」を採用し、売り場での存在感をより高める仕様とした。

「ウィルキンソン」ブランドは、「刺激、強め。」の炭酸水No.1ブランドとして支持され、2016年は過去最高となる1,630万箱を販売している。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.