印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

最新リサーチ「プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:技術別、デバイス別2022年予測」を発売 リサーチステーション 


【2016年12月14日】リサーチステーション合同会社はこのほど、海外最新リサーチ「プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:技術別、デバイス別2022年予測」を発売した。

プリンテッドエレクトロニクスの世界市場

同レポートでは、プリンテッドエレクトロニクス(PE)の世界市場規模は2015年の31億ドルから、今後2022年には4倍近くの121億ドルに達すると予測している。

モノのインターネット(IoT)の普及進展はPE需要を促進しているほか、スマートパッケージング、ウェアラブルデバイス、医療、自動車など用途市場の広がりが市場成長を後押しする。

レポートでは、2022年までのプリンテッドエレクトロニクスの世界市場予測(US$)や、マテリアル別市場(基板、インク)、技術別市場(インクジェット、スクリーン、グラビア、フレキソほか)、デバイス別市場、主要国地域別市場など、詳細にセグメントされた市場予測データと分析を掲載している。

また競合分析、市場分析、主要メーカー11社動向などの情報も盛り込み、プリンテッドエレクトロニクス市場の現在と今後展望を検証した。

【英文市場調査レポート】
プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:技術別、デバイス別2022年予測
Printed Electronics Market by Material (Ink, Substrate), Technology (Inkjet, Screen, Gravure, Flexographic), Device (Sensors, Displays, Batteries, RFID, Lighting, Photovoltaic) and Geography – Global Forecast to 2022

問い合わせ先は、同社サイトの「お問い合わせフォーム」から




Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.