プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

展示会レポート1|「デジタルサイネージ ジャパン2017」 目立つ透過型サイネージ! 幕張メッセで6月8日まで


【2017年6月8日】「デジタルサイネージ ジャパン2017(DSJ2017)」が6月7日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕した。
「DSJ2017」は街中のメディアとして浸透し始めた「デジタルサイネージ」にフォーカスしたイベント。デジタルサイネージの最新技術とその活用法を、出展各社が紹介している。

デジタルサイネージジャパン2017 136 デジタルサイネージジャパン2017 132

開催は9日(金)までで、期間中に同時開催イベントも含めて約14万人が来場する。
主催はデジタルサイネージ ジャパン 実行委員会。
同時開催は「Interop Tokyo」「Connected Media Tokyo」「ロケーションビジネス ジャパン」「APPS JAPAN」。

来場は無料だが、事前登録が必要。
デジタルサイネージ ジャパン2017
http://www.f2ff.jp/dsj/

 

レポート1ではディスプレーやその使用法などを中心に紹介する。
社名の後のカッコ内はブース番号。

【関連記事】
展示会レポート2|「デジタルサイネージ ジャパン2017」

 

魅せるディスプレー多彩に

E3(7C04は透過性ディスプレーを使用した立体感のあるデジタルサイネージを展示した。
「HollowBox50″」は透過性ディスプレーをショーウインドー化した製品。
内部に展示スペースがあり、商品やキャラクターなど、立体物を陳列し、動画とともに見せられる。

デジタルサイネージジャパン2017 005

このほか4方向から中の展示が見える「4viewBox32”」や、レンチキュラーのように見せる3D動画も実演している。
両機種ともに筐体部分の色や質感をオーダーメイドでき、売り場の雰囲気に合わせた展開が可能という。
デジタルサイネージジャパン2017 031 デジタルサイネージジャパン2017 038

今回、これらの透過性ディスプレーでは「レッドブルの同展示会用スペシャル動画」を放映している。

デジタルサイネージジャパン2017 036

 

ベンキュージャパン(7S01は、ディスプレーメーカーである強みを生かし、ユニークな形のディスプレーを展示。また、透過型ディスプレーも実演している。

バータイプディスプレイの「TL240C」は、ホテルなどの玄関に置かれている歓迎看板をイメージして縦長にして展示。横置きもできるそうで、文字を流せるなど、一般的な縦横のサイズにはない魅力がある。

デジタルサイネージジャパン2017 076

自社で一貫生産しているディスプレーメーカーであることから、これ以外にもさまざまなサイズでの作成が可能という。

「BH281」は透過型で、内部に化粧品を陳列。ディスプレーには女性が登場する動画を流すという演出を行った。

デジタルサイネージジャパン2017 071

 

光文堂(7T11は、メガネなしで中空に画像が浮かぶ「Airディスプレー」などを出品している。
会場では「Airディスプレー」でタッチできるタイプをデモンストレーションし、多くの来場者が足を止めた。

デジタルサイネージジャパン2017 085

また、「エアLED」は、回転するファンの上に映像を投射することで、空中に立体的な映像を浮かび上がらせる。

デジタルサイネージジャパン2017 086

また、画面上で着せ替えができる「バーチャルサプライズ」も展示している。このシステムはソフトのみの販売も行っている。

デジタルサイネージジャパン2017 091

 

展示会レポート2|「デジタルサイネージ ジャパン2017」につづく

 

デジタルサイネージ ジャパン2017
http://www.f2ff.jp/dsj/


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.