プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【速報レポート1】「国際PB・OEM開発展」&「HCJ2017」 プリントと販促関連多数 「丸信」「日本テクノロジーソリューション」「東京紙芸社」


【2017年2月22日】「9回 国際PB・OEM開発展」と「HCJ2017」が2月21日、江東区有明の東京ビッグサイトで開幕した。
これらの展示会は外食産業やホテル、厨房機器に関する展示会からなる見本市イベント。今回は「国際PB・OEM開発展72社(97小間)、HCJ2017」には828社(2096小間)が出展している。
「HCJ2017」の同時開催は「第45回 国際ホテル・レストラン・ショー」「第38回 フード・ケータリングショー」「第17回 厨房設備機器展」。

PB OEM展2017 HCJ2017

毎回、包装や紙器加工をはじめ、販売促進にかかわる製品も出品されていることから、プリント&プロモーションでは、これらに焦点を当てレポートする。

 

「9回 国際PB・OEM開発展」

丸信(4-W04は、本社を置くラベル・紙器パッケージメーカー。
今回は九州の地元企業7社とともに出展し、自社が提供したラベルや紙器パッケージとともに福岡や鹿児島の産品を訴求している。
実際、商品に使用されたラベルの展示と、ブランドオーナーの担当者が常駐することから、来場者は産品とともに、優れたデザインや技術を理解できる。

PB OEM展2017 034 PB OEM展2017 050

なお、同社は昨年行われた「第26回シールラベルコンテスト経済産業大臣賞」と「第28回世界ラベルコンテスト(複合、ワイン・酒部門)最優秀賞受賞」を受賞しており、日本はもちろん世界トップクラスの技術を持つ。

PB OEM展2017 035 PB OEM展2017 040

 

日本テクノロジーソリューション(4X-03は、小型のシュリンク装置「TORNADO」を展示。
PETボトルなどにシュリンクフィルムを巻き付ける装置で、熱風を4方向から吹き出し竜巻のような渦をつくり、低温でありながらきれいにフィルムを装着できる。

PB OEM展2017 024 PB OEM展2017 027

また、今回は本格的に「パッケージングサービス」を開始したことをPR。テストや少量生産はもちろん、本格的な生産までシュリンクによるパッケージ作成を請け負う。

PB OEM展2017 017

 

東京紙芸社(4-V04は、昨年12月に導入した「Scodix Ultra Pro(スコディックス ウルトラ プロ)」によるデジタル箔とニスを披露した。

同機は版や型などを使用することなく、紙にニスやエンボス、箔の加工ができ、高級感のある印刷物を1枚から作成可能。

PB OEM展2017 054 PB OEM展2017 053

ブースでは、ビールのグラスにニスの水滴をちりばめたポストカードや、デジタル箔を使った紙箱などが展示されており、多くの来場者が足を止めていた。

PB OEM展2017 070 PB OEM展2017 065

担当者は「少量だから作れないとあきらめていたデザイナーやクリエイターさんに使ってほしい」と呼びかける。

 

【速報レポート2】「国際PB・OEM開発展」&「HCJ2017」 販促に役立つソフトとOEM 

 

「9回 国際PB・OEM開発展」
http://www.jma.or.jp/pb/

「HCJ2017」
http://www.jma.or.jp/hcj/jp/index.html


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.