プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

寺岡精工 「ミニストップ」千葉県内4店舗にPETボトル減容回収機「ボトルスカッシュ」を設置


【2022年4月18日】寺岡精工はこのほど、コンビニエンスストア「ミニストップ」千葉県内4店舗に、PETボトル減容回収機「ボトルスカッシュ(DRV-100T)」を設置した。

回収したPETボトルは、回収したPETボトルをPETボトルとして再生産する「ボトルtoボトル」のリサイクルループに乗せる。また、イオン環境財団へ5本で1円の寄付をすることで植樹活動に役立てられる。同財団は、代表的な「植樹活動」では、伐採跡地や自然災害などで荒廃した森に植樹し、これまでのイオン植樹累計本数は1,241万本を超えている(2022年2月末現在)。

「ボトルスカッシュ」は、モバイルルーターを利用したIoTサポートシステムで日々の回収実績を把握し、回収本数に応じた寄付ができる。
同機は、投入された2リットルまでの飲料用PETボトルを、独自の「プレ裁断圧縮方式」で減容する自動回収機。減容したPETボトルが膨らみにくい状態を保ち、PETボトルの飲み口部分を欠落しないように減容可能なため、減容したPETボトルの資源価値を高めている。
この回収機で減容したPETボトルの形状はリサイクル材として日本で初めて意匠登録され、その圧縮性能が注目されている。

今回設置された製品は、幅広い層の消費者に投入を促す目的から、子どもにもPETボトルを投入できるよう、投入口を約110cmの高さに設計した。コンパクトでありながら、収納力は500mlPETボトル約280本の回収を実現。店舗従業員による袋交換作業の負担を軽減する。

今回導入したミニストップでは、持続可能な社会の実現に向けて、消費者が身近に参加できるリサイクルの入り口として、PETボトル減容回収機「ボトルスカッシュ」を設置。限りある資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的として、リサイクルループの輪を繋げるとしている。
設置店舗は、イオンタワー店、イオンタワーアネックス店、稲毛東3丁目店、千葉横戸町店。

寺岡精工では、「寄付に繋がるPETボトル回収機でリサイクルに参加できる機会を拡大し、消費者のリサイクル意識の向上および行動変容を促進。あわせてCO₂削減量を見える化することで、資源循環・脱炭素化社会の両面から持続可能な社会実現に向けた取り組みを後押しする」としている。

イオン環境財団
https://www.aeon.info/ef/

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.