プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

イーストマン・コダック社 フレキソグラフィック パッケージング事業部を売却


【2018年11月14日】イーストマン・コダック社(コダック)は11月12日、フレキソグラフィック パッケージング事業部(FPD)を大手プライベート・エクイティ会社のMontagu Private Equity LLPへ売却する正式契約を締結した。

イメージ

クロージング後、FPDは、パッケージング印刷セグメントに対して旗艦製品のKODAK FLEXCEL NXシステムをはじめとするフレキソグラフィック製品の開発、製造、および販売を行う新しい独立企業として運営される。
FPDは新たな所有者の下、同部門のプレジデントを過去3年間務めてきたChris Payne氏が、CEOに就任する。

コダックは引き続きSONORAプレート、エンタープライズ インクジェット、ワークフロー ソフトウェア、ブランド ライセンシングなど、実績ある成長分野を保有しここに注力。
これらの成長エンジンを活用し、商業印刷、フィルム、および先進材料の価値を最大限追求し、成長を目指す。

 

コダック ジェフ クラークCEO

この取引は、コダックの変革における重要な転換点であり、当社にとって非常に前向きな進展です。また、FPDの売却により、大幅な資金流入による債務圧縮、資本構成の改善、さらには、成長エンジンへの投資への今まで以上の注力が見込まれ、株主に対する価値を引き出し、財務状態を強化することができます。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.