印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

渋谷の新名所「FabCafe Tokyo」をリポート 誰でも簡単にものづくり体験 オリジナルグッズ作成も


【2015年9月7日】ものづくりスペースとカフェが融合した「FabCafe Tokyo」(東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F)は8月5日(水)リニューアルオープンした。同店にはさまざまなデジタル加工機が設置されており、ものづくりをしたいクリエイターから注目されている。新しもの好きの記者は「とりあえずこれは行くしかない」と、運営するロフトワークさんにお願いしカフェにお邪魔した。

カフェは渋谷の道玄坂の一番上、国道246号線と交わるあたりにある。渋谷駅南口のにぎやかな喧騒を背中に、近道である渋谷マークシティ脇の急坂を登っていくとそれらしき店舗が見えた。

IMG_1455 IMG_1456

この時、店舗はマンガ「宇宙兄弟」とのコラボレーションを行っており、窓越しに見ると巨大スクリーンにキャラクターが大写しになっていた。
店内に入るといきなり、ロボットのPepper(ペッパー)くんからお出迎えを受け、かなりビックリ。この子おしゃれな店やラボには「必ず」くらいいるよなあ。

IMG_1507

FabCafe Tokyoは運営するロフトワークとクリエイティブディレクターの福田敏也氏がプロデュースし2012年にオープン。開店から約3年間で400回以上のイベントを開催しており、Fab(ものづくり)の件数も延べ約1万件に達している。

リニューアルではこれまで別の施設だった隣室まで壁をぶち抜き、面積が従来の約2倍(約175㎡)になった。さきほど、見えた宇宙兄弟の映像を映していたスクリーンも、拡張部分にあたる。

この日は、取材を快く受けてくれたロフトワークスの広報石川真弓さんに店内と設備をご案内いただいた。

IMG_1510

店内を見回すとさすがにパソコンを広げたお客さんが多いが、女の子の二人組やデートっぽい方たちもいる。もっとゴリゴリのクリエイターの方たちが集まっているかと思ったがちょっと違う様子である。

IMG_1457

石川さんも「普通にカフェとして利用される方や、ちょっと打ち合わせといった方たちも多いです。中には、とにかく一度ものづくりカフェを見てみたいと訪れるお客さまもいます」と観光地的な目的で来る人もウェルカムのようだ。

設備を見てみよう。
まずはインクジェットプリンタ(IJP)。ローランド ディー.ジー.製のUV硬化型「LEF-12」を新たに導入している。UVインクは密着性と硬化性が高く、比較的素材を選ばずプリントできるため、アクリルや革、鉄などのグッズプリントに適している。

20339817156_ff5fa9af45_z

「インクにそんな違いがあるの?」と思われる方も多いだろうが、家庭用のIJプリンタでも専用紙以外に出力した場合は、うまくインクがのらなかったり、にじんでしまったりということがあるはずだ。こういったことが少ないのがUVインクと覚えてほしい。

このIJPに加え、レーザー加工機やカッティングプロッタもあり、プリントしたものを自由な形に切り抜いたり、切り抜いたものをプリントしたりといった体験もできてしまう。

IMG_1460

もう1台あるTrotecのレーザーカッターは、フード専用として利用している。
マカロンFABというサービスでは、iPadにお絵描き感覚でオリジナルのメッセージやイラストを描いたものをレーザーカッターでマカロンに刻印できるというもので、若い女性に人気だ。

IMG_1480

ここ数年、話題となっている3Dプリンタも置いてある。
3Dプリンタはひも状のフィラメントを溶かして積み上げることで、ものを形づくるが、同店舗では色や素材の異なる数種類のフィラメントから選択して使用できる。

IMG_1488 IMG_1506

このほかの設備ではブラザーの「テープクリエーター」もある。
これは粘着テープの表面に好きな絵柄を印字できるというもので、ラッピングなどでオリジナルのテープを作成・使用できることから、話題となっている製品。

IMG_1476

これらの機器の使用料は45分4,000円(Web事前予約制)。データや素材の持ち込みといった本格的なものづくりに対応する一方で、「何を作ったらいいかわからない」というものづくり初心者には、あらかじめ店舗が用意した素材とデータを活用しグッズ製作を行えるFabパッケージも用意している。
店内には加工機を活用して作成したグッズも展示・販売しており、おみやげ代わりに購入するのも楽しい。

IMG_1495 IMG_1461

店舗拡張部分の内装には、ロフトワークの関連会社で今年4月に事業をスタートした「飛騨の森でクマは踊る(ヒダクマ)」を介して、飛騨の製材所で扱う国産木材を使用している。カウンターの腰板やテーブルなどに加工され、木のぬくもりを肌で感じられるお店に生まれ変わった。

IMG_1502 IMG_1504

石川さんは「定期的にレーザーカッターや3Dプリンターを使う初心者向けワークショプ、クリエイターによるFabの発表も行っているのでモノ作りに興味のある方もそうでない方も、渋谷の街に来たら気軽によっていただきたいです」と来店を呼びかける。
機会に触れたり、展示物を見たり、ペッパーくんとおしゃべるするだけでも、ちょっと楽しいおしゃれなカフェ。友達や恋人、仕事仲間と来てもよし。記者も今度は、じっくりお邪魔して渋谷の街を行く人を眺めながら食事をしてみたいなあ。

FabCafe Tokyoの概要は次の通り

・店舗名 FabCafe Tokyo

・営業時間・定休日

・月曜 – 土曜 10:00 – 22:00、日・祝 10:00 – 20:00(不定休)

・☎ 03-6416-9190

・Webサイト:http://fabcafe.com/tokyo/

・イベントスケジュール:http://fabcafe.com/tokyo/events/
マシン一覧

・レーザーカッター(Universal、trotec)

・3Dプリンタ(Replicator 2x、5th)

・UVプリンタ(Roland DG LEF-12)

・3Dスキャナー (sense)

・カッティングマシン(Scan&Cut、Stika)

・テープクリエーター

・ミシン(Super Jeans)
IMG_1498 IMG_1500


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.