印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

パッケージ全体がバーコードになる技術 DNP、サトーら4社が研究会を発足 2020年度に売上50億円目指す


【2016年7月26日】大日本印刷(DNP)、米国Digimarc Corporation(デジマーク社)、サトー、MONICの4社はこのほど、デジマーク社の電子透かし技術「Digimarc Barcode」を活用した “未来のお買いもの”に関する研究会を発足。研究会を中心にこの透かしの利用を推進していく。

Digimarc Barcodeは、商品パッケージ全体にGS1識別コード「GTIN」を埋め込むことにより、商品イメージを損なうことなく、目には見えないバーコードを印刷に付加できる。
従来のバーコードの代わりになる上、商品のどこからでも読み取ることができるため、読み取り速度が向上。レジの迅速化や省力化にも貢献できるという。

電子透かし DNP サトー デジマーク

また、バーコードの機能を拡張した展開もできるため、パッケージからダイレクトにキャンペーン情報や新商品情報、クーポンをスマートフォンに送信できる。

DNP、デジマーク社、サトー、MONICの4社は、幹事会社として「“未来のお買いもの”に関する研究会」を発足させ、流通小売企業や食品・日用品メーカー各社との連携。
2016年度中に実証実験を実施し、2018年度に流通小売業や消費材メーカー向けに、ライセンスやSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発のためのパッケージ)の提供などを開始。2020年度には50億円の売上を目指す。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.