プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エフピコチューパ 環境に配慮した青果物用容器「VF-トップス」を発売 トップシール方式でプラ削減

【2023年7月28日】エフピコチューパは7月24日、青果物専用のトップシール対応容器「VF-トップス」を発売した。
同社は農産パックや農産フィルムなど、⻘果物の包材を主力事業とする食品容器サプライヤー。

「VF-トップス」は、トップシール方式で、成形品の蓋と比較してプラスチック使用量が少ないことが特長。
また、採用により容器の供給から内容物の充填、蓋材のシールまでの一連の機械化でき、これにより省力化が可能となる。
さらにフィルムに印刷することでより商品のアピールがしやすいことも特長。
フランジ側面と底面穴に通気孔を配置しており、青果物に求められる通気性を確保している。

近年、農産業界では、環境問題の意識の高まりがあり、プラスチックリデュース製品の需要が増えている。
また、農産業界においても人手不足が大きな問題となっており、青果物の小分け包装では、パック作業の集約と自動包装化のニーズは日々高まっている。

エフピコチューパ
http://www.chupa.co.jp/

「エフピコチューパ農産本部Get Along Together」WEBサイト
https://chupa-nosan.com/

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.