プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 店頭動画を最適化し「ストアDX」 アドインテおよびKaizen Platform との連携強化


【2021年6月3日】大日本印刷(DNP)が推進する「ストアDX」の一環としてアドインテおよびKaizen Platform との連携を強化。メーカーや流通・小売業のDX支援を加速する。

「ストアDX」は、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって店舗などでの販促効果を高め、顧客の満足度を向上させるもの。
今回の連携は、生活者の店頭データを活用した「最適化された動画の配信」が目的となる。これに流通・小売業等による店頭・店内販促施策の実施に関して資本業務提携しているアドインテとKaizen Platform が協力する。

アドインテは、IoTとAIを活用して小売業やメーカーのDXを支援。顧客IDと連動した販売を行うID-POSやビーコン(発信機)といったシステムで取得した購買行動を分析して、生活者の関心に合わせた販促活動を行うことが強み。
またKaizen Platformは、データに基づいて、目的やターゲットに合わせた効果的なコンテンツなどを制作できる。

今回、3社の連携を強化することで、ID-POSデータや来店履歴などのデータを活用し、生活者の購買行動を分析して興味・関心に合わせた「動画広告」を配信。より効果的な販促活動を支援する。

「ストアDX」のサービス強化により、生活者向けの店頭メディア(リテールメディア)を構築し、企業と生活者をつなぐコミュニケーションチャネルの強化に向けて、効果的な動画を生成して配信する。

今後DNPは、アドインテとKaizen Platformとの提携により、企業の目的やターゲットに合わせたメディアプランニングから、最適な各種制作物の制作・配信・効果分析までをパッケージ化したサービスを提供する。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.