プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 汎用デバイスとセンサー活用の「プロモーションツール」を発売 既存什器と組み合わせて使用可


【2019年8月7日】大日本印刷はこのほど、什器にスマートデバイスと市販のセンサーやボタンを連動させたプロモーションツール「DNPデジタルショーケース」を発売する。

「DNPデジタルショーケース」は、汎用性があり、顧客の関心に合ったデジタルコンテンツを使った演出が可能で、顧客の反応や効果をデジタルマーケティング用のデータとして取得できる。

システムは、スマートデバイス用アプリ、汎用のセンサー、汎用のボタンで構成されており、店舗既存の什器に設置して、互いに連動させることで機能する。
人感センサーやボタンが店頭での顧客の動きや商品の動きを感知し、スマートデバイス用アプリと連動し、商品説明や広告、演出用などのデジタルコンテンツを出し分ける。

人感センサーやボタンのログを集積し、人数やサンプル商品の取り上げ回数などを把握可能。店頭での顧客の動きや商品への反応などを、デジタルマーケティング用のデータとして活用できる。

今後、DDSは、IoT(モノのインターネット)技術を活用し、実店舗での販売促進に寄与するデジタルマーケティング関連のサービスを今後も開発、提供していく。
同社では、このシステムおよび関連するマーケティング事業で、2023年までに2億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.