プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ワコム Windows 10で利用可能なスマートスタイラスペンを発売 筆圧感知などの機能搭載


【2019年6月25日】ワコムはWindows 10デバイスで利用できるスマートスタイラスペン「Bamboo Ink(第二世代)」と「Bamboo Ink Plus」を発売する。
「Bamboo Ink」は6月18日から予約を開始しており販売は6月27日(木)から。「Bamboo Ink Plus」の販売開始は8月を予定している。

同シリーズはWindows 10標準搭載の手書きメモ機能「Windows Ink」に最適化されたスタイラスペン。筆圧感知機能を搭載しており自然な書き味を実現するほか、ペン先を交換することで書き味を選べる。

スタンダードモデルである「Bamboo Ink」は手書きメモやドキュメントの注釈などに、上位モデルである「Bamboo Ink Plus」はイラストやスケッチなどに適している。また、「Bamboo Ink Plus」はBluetooth接続によって「Windows Ink」の呼び出しやワコムが提供するアプリ「Bamboo Paper」などの起動もできる。

いずれもワコムのアクティブES (AES) 1.0およびMicrosoft Penプロトコル (MPP) 1.5の2つのペン入力方式に対応。加えて「Bamboo Ink Plus」はAES 2.0ならびにMPP 2.0にも対応し、より高いプロトコル (ペン通信規格) 機能にも対応している。初期設定はMPPモードになっているため、AES対応デバイスを使用する場合は、ペン側面の2つのサイドスイッチによってAESモードに切り替えられる。

「Bamboo Ink」の価格は5,940円(税込)、「Bamboo Ink Plus」12,420円(税込)。

詳細はこちらから
http://bit.ly/2RkmnR4

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.