プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

プラグ 「パッケージデザイン好意度評価予測AIサービス」を提供開始 AI で商品パッケージデザインを評価


【2019年4月18日】プラグは4月16日、AI で商品パッケージデザインの評価ができる「パッケージデザイン好意度評価予測AIサービス」の提供を開始した。
プラグはパッケージデザイン開発とマーケティングリサーチで定評があり、今回のサービスには、そのノウハウが活かされている。

システムは、プラグがこれまで行った4,100 商品、410 万人分のパッケージデザイン調査結果から開発された AI システム。ビールや飲料、カップ麺などで特に高い予測精度で評価できる。

同システムでは、パッケージデザインの画像をWEB上にアップするだけで、AIにより消費者がそのパッケージをどの程度好むかという「好意度」の予測値を 2~3 分で算出。これにより、時間やコストを削減し、客観的な指標に基づいたパッケージデザイン評価が可能になるという。また、開発中のパッケージデザインを消費者に公開しないで済み、情報漏えいのリスクがない。

従来のデザイン決定では、十数案を用意し、消費者アンケートや商品開発担当者の選択により、最終案を決定することが多い。
しかし、この方法の場合、調査前の選択は主観で、消費者調査の実施には、100~300 万円程度の費用が掛かる。また、結果の判定までは数週間から1カ月程度必要となる。

プラグでは、今後も毎年春秋2 回調査を積み重ねることで、予測精度をさらに高めていくとしている。

なお、現在システム無料公開しており、1 企業 10 画像分、無料でテストできる。

パッケージデザイン好意度評価予測AIサービス
https://hp.package-ai.jp/

プラグ
http://www.plug-inc.jp/

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.