プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷が書籍の流通を改革 出版社から書店へ本の直送も可能に!


【2018年2月1日】大日本印刷(DNP)はこのほど、DNPグループの丸善CHIホールディングスと連携して、読者のニーズにフレキシブルに対応する書籍の流通体制を構築した。

新たな流通体制は、書店のPOSなどのデータ分析にAIを活用し、需要を予測することで、製造~物流~販売を組み合わせている。
書籍流通センター(SRC)と書店在庫、出版社倉庫を連携させて、読者に本を届けるスピードを向上。返品や在庫も削減した上、配本精度の向上や、読者の満足度の向上も図る。

需要予測は、DNPグループ書店だけでなく協力書店のPOSデータ等も活用。出版社や書店からの注文情報を組み合わせ、1部から大部数の増刷まで、需要に応じたフレキシブルな製造を実現する。

また物流体制も、出版社から書店への直接納品や、増刷・製造した書籍の一部をSRCから書店へ直接発送など、フレキシブルに対応する。

これらの取り組みによって読者は、最寄りの書店やECサイトなどの希望する流通チャネルで、より迅速に欲しい本が入手できるようになる。
出版社は、読者の需要により的確に応えることができ、書籍を長期間販売できるようになる。書店は、販売機会の損失を低減させるとともに、特徴ある店づくりによって読者の満足度を高められる。

開発の背景には、書籍・雑誌を合わせた出版物の販売額が13年連続でダウンしていることや、新刊本の返品率が40%に達するなど、業界全体の課題がある。
今回の新体制構築は、これらの課題に対して「欲しい時に欲しい本を手に入れたい」という読者の需要に柔軟に対応するもの。

DNPは、今回構築した書籍のフレキシブルな製造体制と独自の流通倉庫であるSRCを核にした他の流通倉庫との連携をさらに拡げていく計画で、出版市場の拡大に努めるとしている。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.