プリント&プロモーション――印刷ニュース NO.1サイト――

富士ゼロックス 作業時間10分から2分に短縮 プロダクションプリンタの色管理をクラウドサービスで効率化 


【2017年2月7日】富士ゼロックスは2月7日、同社のプロダクションカラープリンタ向けの色管理クラウドサービス「Remote Color Management Service」の提供を開始した。

富士ゼロックス プロダクションプリンターの色管理効率化のクラウドサービス

「Remote Color Management Service」は、プリントサーバーにインストールするクライアントソフトウェアと、クラウド機能で構成される。
測色作業はソフトウェアの画面に従って行い、プリンターのオペレーター、管理者、それぞれの業務を効率化する。
専用のカラーチャートと、各プロダクションプリンターに搭載のスキャナーやインラインセンサーを使用することで、従来、測色器を使用した場合、平均1台約10分を要していた作業を、約2分へと短縮。測色の診断結果だけでなく、対処方法も知らせる。

富士ゼロックス プロダクションプリンターの色管理効率化のクラウドサービス

さらに、色ターゲットと差異がある場合は、機器の調整方法をクライアントソフトウェア画面上で表示。プロファイル調整が必要になった場合でも、富士ゼロックス開発のプリントサーバーと連携することで、ボタン操作による調整ができる。

富士ゼロックス プロダクションプリンターの色管理効率化のクラウドサービス

複数のプロダクションプリンターの測定結果は、クラウド上に格納され、グラフやチャート表示により、一目で各プリンターの状況が把握でき、管理業務の負担も軽減する。
価格(は1台月額15,000円(税別)。

同社では国内の販売目標を年間 1,000件としている。

 対象プロダクションプリンターは以下の通り
Color 1000/800 Press、Color 1000i Press、Versant 3100 Press、
Versant 180 Press、Versant 2100 Press、Versant 80 Press
Versant 2100 Press (Model-2)、Versant 80 Press (Model-2)
DocuColor 1450 GA、DocuColor 1450 GA (Model-Ex)
DocuColor 7171 P、DocuColor 5656 P、Color C75 Press



Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.