印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 最大耐荷重50kgの段ボール製什器を開発 梱包兼用で廃棄物ゼロに


【2016年9月23日】大日本印刷(DNP)は、最大50kgまでの重さに耐えられる段ボール製什器「DNP外装兼用販売台 エコデス ストロング」を開発。10月から販売を開始する。

「エコデス ストロング」は50kgまでの耐荷重債がある上、梱包用段ボールの外装を部品として利用する廃棄ゼロ設計で、設置や撤去が容易。

dnp エコデス ストロング

紙製であるため、印刷などデザインの自由度が高いことも特徴で、使用後に折りたたみ直すと輸送用の箱に戻るため、コンパクトに収納できる。
さらに2台を組み合わせることで、デジタルサイネージなどの大型ディスプレーの設置台としても使用可能。
オプションで、印刷した絵柄部分を取り替え可能で、イベントの切り替えによる陳列物の変更にも対応する。
価格は1台8,000円~(ロットが100台の場合)。

近年、スーパーやドラッグストアなどの商業施設に加え、空港や駅などでの短期イベントの際、効果的に訴求したりするため、専用の什器を使用したいとの要望があり、DNPではこうしたイベント用に耐荷重製が高く、簡単に設置や撤去ができる什器を開発した。

DNPでは今後、商業施設や交通機関などを中心に「エコデス ストロング」を販売し、2018年度までに累計1億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.