プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「日本パッケージデザイン大賞2023」一次審査の結果発表 416点の入選作品を選出 対象決定は8月30日・発表は9月を予定 日本パッケージデザイン協会

LINEで送る

【2022年7月11日】日本パッケージデザイン協会はこのほど、「日本パッケージデザイン大賞2023」の一次審査の結果を発表した。
今回の同賞には、コロナ禍の前回を大幅に上回る1060点の応募があった。

一次審査員は6月6日(月)〜 6月14日(火)の9日間、59名の一次審査員により行い、416点の入選作品を選出した。
一次審査を通過した入選作品は、2023年刊行の『年鑑日本のパッケージデザイン 2023』に収録される。
また二次審査は、8月30日(火)に協会会員審査員11名と前回大賞受賞者1名に特別審査員4名を加えた計16名により実物を見ながらの討議で行われ、入選作品の中から「大賞、金賞、銀賞、銅賞、特別審査員賞」などが選出される。

入賞作品の速報は、9月中旬までに協会ホームページにて公開され、贈賞式は、2023年初春に行われる予定。

入選作品リスト
https://www.jpda.or.jp/news/4418.html

過去の大賞・入賞作品
https://www.jpda.or.jp/award

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.