プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

日本プロモーショナル・マーケティング協会 「JPM新年会」を開催 江花理事長「XJAPANのおかき」を例に価値向上訴える


【2018年1月29日】日本プロモーショナル・マーケティング協会(JPM)は2018年1月26日、中央区新富の日本印刷会館で「JPM新年会」を開催した。

冒頭、江花昭彦理事長が以下のようにあいさつした。

「XJAPANのおかき」をご存じだろうか。
年始のテレビ番組でXJAPANのYOSHIKIが撮影中に食べていたお菓子がSNSなどで話題となり、販売している「銀座あけぼ」のサイトがサーバーダウンしたそうだ。
普段は「銀座あけぼの」を意識しないYOHIKIファンによって市場が動いたという現象だ。

コア層を使ってのプロモーションは、宝塚やそれをまねたAKB、ハーレーダビッドソンなどがあるが、こういったコア層から人を動かすことが、JPM会員の大きな仕事だろう。

2019年、JPMは50年を迎える。
これを機にいよいよ、次世代の新しいマーケティングを考えていかなければならない。
プロモーショナルマーケター認証も、デジタルの用を入れ込み、時代に合った形に変え、資格保持者の価値を向上していく。
これにより、協会の役わりを変え、JPM全体の価値を上げていこう。

続いて、千葉敦副理事長による乾杯で開宴。
和やかな歓談とともに「2017年の新入会員社の紹介」「会員社による紹介·入会促進」の発表などが行われ、午後8時の中締めまで参加者は懇親を深めた。


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.