プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン販売 昇華転写プリンタ「SC-F11050H」と「SC-F11050」を発売 6色・4色の2タイプ 大容量ロールモデルも用意

【2024年4月25日】エプソン販売は5月21日、産業向け大判インクジェットプリンタ 「SureColor」シリーズの昇華転写プリンタ「SC-F11050H」と「SC-F11050」を発売する。

従来機から継続しの「大型ヘッド」と大型ヒーター、ドライヤーなどにより、高速出力に対応し高い生産能力があるという。
品質面も、独自技術により、粒状感やバンディングの少ないプリントを実現する。

最新のAdobe PDF Print Engine(APPE)を搭載した純正ソフトウェアRIP「Epson Edge Print PRO」を同梱。
「ユーザーセルフリペア保守」となっており、ユーザーがプリントヘッドや特定の部品交換ができ、ダウンタイムを最小限にとどめる。

「SC-F11050H」は、6色インクタイプ。CMYKの基本インクセットに加え、ライトシアンとライトマゼンタもしくは蛍光イエローと蛍光ピンク、さらにオレンジ/バイオレットインクを初期に選択できる。
「SC-F11050」はCMYKの基本タイプで、エントリーモデルとなる。
このほか、大容量のメディアが装着可能な大容量ロールモデルも用意した。

用途はいずれものぼりや旗、バナーなどのソフトサイン、グッズ制作、アパレルなど。

同社では、両機を受注生産としており、今後1年間で合計約20台の販売を予定している。

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.