プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「国内ドキュメントイメージスキャナー市場動向と予測」 2022年14.3万台(前年比5.9%増)も今後は減少へ

【2023年11月15日】キーポイントインテリジェンスはこのほど、「国内ドキュメントイメージスキャナー市場動向と予測」を発表した。

これによると、国内ドキュメントイメージスキャナー(業務用専用スキャナー機)市場の2022年の販売実績は 14.3万台で、前年比5.9%の増加だった。販売金額は102億円で、前年比8.1%増加した。

今後は、コロナ禍の鎮静によるテレワーク需要の減少や企業の DX 対応の進行によるホーム、オフィス市場の減少があり、銀行や生損保などの業務市場ではワークフローの電子化によるペーパーレスが進むことなどから、2022年~2027年の年間平均成長率は、販売台数で-1.0%、販売金額は-2.1%と見込んでいる。
また、2027年には、販売台数は 13.6万台、販売金額は92億円に減少すると予測している。

同レポートは140 ページ、価格は2,090,000円。

「国内ドキュメントイメージスキャナー市場規模と予測を発表」
~販売台数、販売金額ともに減少の見込み~

http://keypointintelligence.jp/pdffiles/pr/release231114.pdf

キーポイントインテリジェンス
http://keypointintelligence.jp

 

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.