プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー モノクロ複合機の新製品 5機種10モデルを発売 テレワーク需要にも対応


【2021年7月9日】リコーは7月13日、デジタルモノクロ複合機の新製品として「RICOH IM 6000/5000/4000/3500/2500」の5機種10モデル発売する。

新製品は、2017年1月発売の「RICOH MP 6055/5055/4055/3555/2555」の後継機種となるデジタルモノクロ複合機。


RICOH IM 3500F(オプションを装着したもの)

製品はオフィスの中心となる中・高速クラスのデジタルモノクロ複合機として、高速出力と、多様な後処理オプションにより、高い生産性を実現するという。
テレワークの普及を前提として、紙文書のスキャナ機能を強化し、OCR(光学文字認識)処理速度や、PDF など電子データ生成時の生産性が向上した。

操作部は、使いやすさを向上させた10.1インチの大型フルカラータッチパネル新「MultiLink-Panel」を採用。各種設定画面やアプリケーションのユーザーインターフェースを改善し、より直観的で使いやすい操作性を実現している。
また、新たに複合機本体の導入後も基本性能を最新の状態にアップデートできる「RICOH Always Current Technology」に対応している。

製品名・モデル数・連続複写速度(A4ヨコ・毎分)・標準価格(税込み)は以下の通り

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.