プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

トロテック・レーザー 独自のソフトウェア「Trotec Ruby」のオープンベータ版(英語)をリリース


【2020年10月27日】Trotec Laser(トロテック・レーザー)はこのほど、レーザー操作を再定義する独自のソフトウェア「Trotec Ruby(トロテック・ルビー)」のオープンベータ版(英語)をリリースした。

この新しいレーザーソフトウェアは、アイデアから製品化までのワークフローがシンプルでスピーディなことが特徴。また、ネットワーク接続によるWeb ベースのプラットフォームなので、基本的なプロセスをすべてデジタル化し、収益性の高い注文処理を実現した。さらに、使い方を誘導するユーザーインターフェースの機能も備えている。

レーザーのグラフィックデザイン・ソフトウェアは、シームレスなワークフローのために
統合化ワークフローを使用。デザイン、写真、テキストの作成や編集を素早く実行できる。
またレーザーユーザーが必要とするグラフィックツールも用意。pdf、svg、pngなどのファイルを直接インポートできる。

さらにネットワーク上のレーザー加工機すべてをローカルまたはクラウド経由で接続。ジョブを 1 台の PC /Mac から複数のマシンに分散できる。
この新たなワークフローによって、場所や時間に制約されることなく、一人のユーザーがジョブを準備し、別のユーザーが製作を行える。

Trotec Rubyのウェブサイト
https://www.troteclaser.com/ja/laser-machines/laser-software/ruby/

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.