プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン プロ向けインクジェットプリンタ2機種を発売 新インクで写真画質に 本体サイズは大幅ダウン


【2020年2月21日】エプソンは5月28日、エプソンプロセレクションシリーズの新商品として、新開発インクにより、高画質を実現し、また小型化したA2ノビ対応インクジェットプリンタ「SC-PX1VL」と、A3ノビ対応インクジェットプリンタ「SC-PX1V」を発売する。

エプソンプロセレクションシリーズは、プロ写真家や写真愛好家の作品づくりで高い信頼と評価を得ている。

新商品「SC-PX1VL」「SC-PX1V」は、新開発の「UltraChrome K3Xインク」を搭載。インクサイズは最小1.5ピコリットルでプリントでき、表面を平滑化し、暗部領域をライトグレーインクでオーバーコートすることで、光沢紙における黒濃度が向上した。
また、新たにディープブルーインクを搭載し青の色域を大幅に拡大。これまで再現が難しかったブルー・バイオレット領域を繊細な階調で表現できる。
さらに、フォトブラック、マットブラック含めて、すべてのインクを切り替えることなくシームレスに使用可能となった。

両機種ともに、新たに商品設計・開発を取り組み、従来機と比べてコンパクトサイズを実現している。
「SC-PX1VL」は、従来機「SC-PX3V」と比べて体積比で約70%に、「SC-PX1V」もこれまでの「SC-PX5VⅡ」と比べて体積比で約68%と、大幅なサイズダウンを行った。

さらに給紙・排紙トレイは、格子状のデザインを採用。またカバーを閉めたままでも印刷状況が見られる機内照明を搭載し、印刷中も作品づくりを楽しめる。

本体には4.3インチの静電式の液晶タッチパネルを搭載し、さまざまなデータのほか、実際にプリントする作品の表示が可能。「作品振り返りシート」は、履歴を、12作品分までそのままプリントできる。このほか、ファインアート紙の背面からも給紙や、長尺のロール紙にも対応。スマートデバイス向け「Epson Print Layout」の提供も行う。

なお、製品は、東京都千代田区の「エプソンスクエア丸の内」で公開している(プリント体験やプリントサンプルの配布は不可)。

商品HP
SC-PX1VL:https://www.epson.jp/products/pro/scpx1vl/
SC-PX1V:https://www.epson.jp/products/pro/scpx1v/

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.