プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

金羊社 KODAKとUTECO開発のデジタル印刷機を大口工場に導入 軟包装など幅広いチャネルへ活用


【2020年1月30日】金羊社はこのほど、KODAKとUTECOが提携で開発した、デジタル印刷機「UTECO Sapphire EVO Press(ウテコ・サファイア・イーボ・プレス)」を、名古屋市郊外にある大口工場に導入した。

「Sapphire EVO Press」は、コダックのStreamインクジェット・テクノロジーと水性顔料インクを使用したデジタル輪転印刷機。さまざまな紙やプラスチック・フィルム素材(PP、BOPP、PE、PETなど)でフルカラー印刷を実現する。
コダックのStreamインクジェット・ラインヘッドを搭載し、最大650㎜の基材幅と最大622㎜の印刷幅に対応する。最大印刷速度は毎分150m超で、軟包材にもプリントできる。

搭載可能な新製品のパーソナルケア用顔料インクは、肌に触れても問題ないと証明されており、EUや米国での間接的に食品に接触する物性でも規制要件に準拠している。

金羊社グループでは、販売促進やコラボ推進を、子会社のディー・ピー・ツー インターナショナルで行い、製造は金羊社が担当する。また、顧客の分野や印刷メディアは特定せず、多様な媒体への印刷対応をしていく予定。

 

コメント

イーストマン・コダック デジタル印刷グループ部門担当社長Randy Vandagriff氏

金羊社様でのSapphire EVO Pressの試運転が正常に完了したことで、コダックのStreamインクジェット・テクノロジーが、印刷会社とブランドオーナー各社がフレキシブル基材に対応する高性能・高品質フルカラー・デジタル・ソリューションに求めている要件を満たしていることが十分に証明されました。
また、印刷準備期間も非常に短くでき、無駄も最小限に抑えられます。

 

UTECO Group社長兼CEO Aldo Peretti氏

Sapphire EVOは、UTECO グループが印刷機の開発と製造で発揮する卓越した技術力と、コダックの革新的なインクジェット・テクノロジーを併せ持ったものです。
パッケージ・コンバーターは今、デジタル・ソリューションを自由に操れるようになったことで、まったく新しいアプリケーションを使ってポートフォリオを拡張すると同時に、従来の印刷プロセスの作業をデジタル化することで時間と資金を抑えることができるようになりました。


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.