印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

ミマキエンジニアリング 新カラーマネジメントシステム「MPM3」を発売 異なるプリンタで近似色を簡単再現


【2016年7月16日】ミマキエンジニアリングは7月から、カラーマネジメントシステム「Mimaki Profile Master 3(MPM3)」を発売する。

「MPM3」は、従来の「Mimaki Profile Master 2(MPM2)」で好評だった複数台のプリンタの色合わせができる「イコライゼーション機能」に加え、インクの種類や機種が異なるプリンタでも近似色で色味を再現できる「エミュレーション機能」を新たに搭載した。
Mimaki Profile Master 3(MPM3)

同社純正のRIPソフトウエア「RasterLink6」の新入力プロファイル「Mimaki Expand Color」にも対応し、メリハリある階調表現に対応した。

価格はソフトのみ が298,000 円、測色機付きが 450,000 円(税別)。
同社では年間の販売目標を150本としている。

問い合わせは同社営業本部プロモーショングループ(☎0268-64-2281)まで。
Mimaki Profile Master 3(MPM3)_1


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.