印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

リンテック REPOPシリーズの一部製品を再生PETフィルム原料に切り替え


 

【2016年2月5日】リンテックは2月中旬から、ラベル素材「REPOP(リポップ)シリーズ」の「RE5054」を再生PETフィルム原料に切り替える。

160203_1_img01

同シリーズの今日粘着再剥離タイプはプラスチック容器などにしっかりと貼ることができ、剥がす時にはのり残りが少なくきれいに剥がせることが特徴。製造時の有機溶剤の使用量が少ないエマルション型で、環境に配慮した製品設計となっている。
「RE5054」は透明PETフィルム基材を使用したタイプで商品のアイキャッチラベルなどに適している。

160203_1_img02

また、同製品は、昨秋、ベルギーで開催されたラベル関連展示会「LABELEXPO EUROPE 2015」の「ラベルインダストリー・グローバルアワード2015」のサステナビリティ部門を受賞した。
ペットボトルからつくられた再生PET樹脂を、表面基材全体に対して世界最高水準の80%以上使用しながら、非再生PETフィルムと同等の物性を実現している。

160203_1_img03

問い合わせは同社印刷・情報材事業部門(☎03-3868-7734)まで。

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.