プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキ 昇華転写用の中厚口転写紙「TRS95シリーズ」を2017年1月に発売 滲みにくく 高い経済性 


【2016年12月14日】ミマキエンジニアリングは2017年1月5日、昇華転写インクジェットプリンタ用の中厚口転写紙「TRS95シリーズ」を発売する。

「TRS95シリーズ」は、高いコストパフォーマンスと高品質を両立した中厚口転写紙。
従来品である「TRS75シリーズ」の後継品で、坪量は95g/m2と転写紙のなかでも特に使いやすく需要の高いクラス。
ミマキエンジニアリング 中厚口転写紙 TRS95シリーズ

インク量の多い屋内外サインやバナーをはじめ、ホームファニシング、ファッションなどさまざまな用途に対応できる。
滲みにくく、ガスバリア性が高いといった優れた性能バランスを兼ね備え、高濃度印字が求められる仕事でも力を発揮する。
ミマキ 転写紙

メディア幅は、1,320mm、1,620mm、1,900mmの3種類から選択でき、価格は、1,320mmの場合、89円/m2。
ミマキエンジニアリングでは国内での販売目標を年間10,000本としている。

商品に関する問い合わせはミマキエンジニアリング 営業本部プロモーショングループ (☎0268-64-2281)まで。

ミマキ 転写紙

 

ミマキ


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.