印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

凸版印刷 世界初 メカニカルリサイクルPETのハイバリアフィルム TOKYO PACK で展示


【2016年9月18日】凸版印刷は9月下旬から、レトルト食品向け環境配慮型ハイバリア包材「GL-AR-NF(ジーエル・エーアール・エヌエフ)」を発売する。

「GL-AR-NF」は透明ハイバリアフィルム「GL FILM」のレトルト対応グレードの基材にメカニカルリサイクルPET(MR-PET)フィルムを用いた新製品。MR-PETフィルムを用いたレトルト対応の透明ハイバリアフィルムの開発は世界初となる。

GL FILM 凸版印刷

メカニカルリサイクルとは、PETの廃材などからのリサイクルのことで、MR-PETフィルムは、リサイクル樹脂の使用比率で世界最高レベルとなる80%を実現し、製造段階のCO2排出量を17%削減している。
凸版印刷ではこのMR-PETフィルムを、独自開発の透明ハイバリアフィルム「GL FILM」のレトルト対応グレードの基材に使用。蒸着技術やコーティング技術を応用することにより、再生素材を使用しながら、耐熱性とバリア性で、石油化学製品由来の従来品と同等の性能を保持することに成功した。

同製品は食品業界に向けて拡販し、2017年度に約30億円の売上を目指す。

なお、製品は、2016年10月4日(火)から7日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「2016東京国際包装展(TOKYO PACK 2016)」のトッパンブースで展示される。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.