印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【開催中】「販促ワールド2016」レポート② 商品や店舗をプロデュースする企業!


【2016年7月7日】「販促ワールド2016」が7月6日から、江東区有明の東京ブッグサイトで開幕した。
同イベントは、「販促EXPO・店舗販促EXPO・営業支援EXPO・広告宣伝EXPOという4つの専門展で構成されたノベルティや販促ソリューションなどに関わる総合展。今回は約590社が出展し、7月8日(金)まで開催中。
レポート②では商品プロデュースや店舗プロデュースなどに関わる企業を紹介する。
【関連記事】
「販促ワールド2016」レポート① デジタル機器や資機材多数 「デジタルスクリーン」「IJP」「カッティングプロッタ」など

 

イメージ・マジックは(W7-47)、サンエーカガク印刷、ランスロットグラフィックデザインなどと共同出展。
イメージ・マジックは印刷通販サイト「プリントイットjp」を全面に押し出した展開。また、リリースしたばかりの「MEET MY GOODS makeサービス」でオリジナルユニフォームを展開していることを紹介している。さらに1600万色を利用できるタイルカーペットサービス「carpetprint.jp」で作成したカーペットも展示している。
 販促EXPO 194  販促EXPO 199_R

サトーと子会社のデザインプロモーション(W13-73)は「売れる商品パッケージ」と題し、マーケティング調査から企画、デザイン、パッケージ製作まで一貫した提案を行う。実例ではパッケージ変更により売り上げが20倍になった商品も紹介している。担当者は「中小のブランドオーナーを手助けできるようなパッケージ製作をしたい」と話す。
 販促EXPO 208

ヨネヤマシール(W8-26)は、コールド箔とオフセット印刷を組み合わせたシール・ラベルや、Webと連動した可変情報シールなどを出品している。
 販促EXPO 185 販促EXPO 188

三弘社(W13-16)は、電柱広告について製作費が1万2000円、1カ月2800円から掲出できるなど意外に知られていない低コストな媒体であることを紹介。近年は1部にシールを貼り、季節やイベントに合わせたPRもできるという。
販促EXPO 230  販促EXPO 232

あけぼの印刷(W18-55)は、少量で製作できるスイングPOPを出品。カッティングプロッタを使用し、作成するデモンストレーションを行っている。
 販促EXPO 226

【関連記事】
「販促ワールド2016」レポート① デジタル機器や資機材多数 「デジタルスクリーン」「IJP」「カッティングプロッタ」など
【開催中】「販促ワールド2016」レポート③ 印刷関連の販促品多彩に展開 IoTの活用も


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.