印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【開催中】「販促ワールド2016」レポート① デジタル機器や資機材多数 「デジタルスクリーン」「IJP」「カッティングプロッタ」など


【2016年7月7日】「販促ワールド2016」が7月6日から、江東区有明の東京ブッグサイトで開幕した。
同イベントは、「販促EXPO・店舗販促EXPO・営業支援EXPO・広告宣伝EXPOという4つの専門展で構成されたノベルティや販促ソリューションなどに関わる総合展。今回は約590社が出展し、7月8日(金)まで開催中。


色素オオタ・オータス
(W4-44)は、デジタルスクリーン製版機を出品。「AST SCREEN TRACER FST-300」は最速1分で製版が可能。最大1204dpiの高解像度サーマルヘッドで細かな線の再現にも対応する。パソコンと連動し、プリンタ感覚で使えることが特長だ。
 販促EXPO 154

ミマキエンジニアリング(W1-37)は、UV硬化型インクジェットプリンタ(IJP)「UJF-3042」の改造機を出品し、スマートフォンケースへの箔加工とサンプル配布を行っている。またグループ会社のグラフィッククリエーションの商品を展示し、自社IJPの活用法を見せている。
販促EXPO 162 販促EXPO 161

日本製図器工業(W22-51)は、カッティングプロッタ「NS‐X」シリーズをデモし、紙器制作を再現している。また、自社が取り扱う「リボード」を使ったディスプレイも展示。
 販促EXPO 237

王子グループ(W13-60)は、ユポの吸着シートを実演。PR用のさまざまなティッシュボックスを展示している。
 販促EXPO 217  販促EXPO 219

このほか、エプソン販売(W23-26)のソルベント系IJP「SureColor SC-S80650」はサインやポスター向けの最新鋭機。レッドインクの搭載で、より鮮やかな色彩表現が可能になった。
同機は数年前から国内でヒアリングを重ねてリリースした製品で、メンテナンス部分の一部を自動化するなど、ダウンタイムの抑制につながる新機構を採用している。

 

【開催中】「販促ワールド2016」レポート②につづく

 

「販促ワールド2016」レポート② 商品や店舗をプロデュースする企業!
【開催中】「販促ワールド2016」レポート③ 印刷関連の販促品多彩に展開 IoTの活用も


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.