プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

横浜市歴史博物館 企画展「活字 近代日本を支えた小さな巨人たち」を開催 活字の歴史を振り返る 12月10日~

LINEで送る

【2022年12月2日】横浜市歴史博物館で12月10日(土)から、企画展「活字 近代日本を支えた小さな巨人たち」を開催する。
同展では、「活字」の発明から発展、日本への伝来、日本語活字の改良など、活字の歴史をたどり、デジタルフォントに囲まれた現在の文字文化の原点を探る。

 

展示構成と主な展示資料

Ⅰ 日本の印刷
Ⅱ グーテンベルクと世界三大美書
Ⅲ 漢字活字の誕生と伝来
Ⅳ 横浜の印刷物
Ⅴ 様々な活字と印刷物
Ⅵ 直彫からベントン・デジタルフォントへ

 

展覧会概要

会期:12月10日(土)~2023年2月26日(日)
開館時間: 9時~17時(券売は16時30分まで)
休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、1月10日(火)、 12月28日(水)~1月4日(水)
会場:横浜市歴史博物館 企画展示室
主催:(公財)横浜市ふるさと歴史財団
共催:横浜市教育委員会
協力:ミズノプリンティングミュージアム
観覧料:一般1,000円、高校・大学生700円、小・中学生・横浜市内在住65歳以上500円(企画展のみ)

関連イベント

連続講座 “印刷と文字・活字のお話し”
①12月11日(日)「木版印刷のゆくえ」講師:鈴木俊幸氏(中央大学文学部教授)
②12月17日(土)「日本の近代と活版印刷技術」講師:鈴木淳氏(東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授)
③1月22日(日)「明治初期平仮名活字への違和と順応」講師:岡田一祐氏(北海学園大学講師)
④1月28日(土)「書体を読む―活字文化とメディア表象」講師:正木香子氏(文筆家)
⑤2月11日(土)「ベントン彫刻機と日本の活字デザイン-三省堂の果たした役割」講師:雪朱里氏(著述業)
申し込みは以下から
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/event/eventlist/kikakuten_event/20221211_kouza_all/

特別講演会 “七つの仮名書体”
2月5日(日) 講師:鳥海修氏(書体設計士)
字游工房設立者の1人で、現在は文字塾塾長をつとめる鳥海修氏をお迎えし、鳥海氏が制作に関わった七つの明朝体用の仮名書体(文麗かな、蒼穹かな、垂水かな、勇壮かな、水面かな、古雅かな、朝靄かな)についてお話しいただきます。

ワークショップ “テキンで活版印刷”
2月12日(日)、2月18日(土)
手動式の印刷機で印刷体験(詳細は今後発表)

横浜市歴史博物館
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/

 

LINEで送る

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.