プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

丸信 石灰石を主原料とした「LIMEX」の取り扱いを開始 パッケージやラベルの受注を開始

LINEで送る

【2022年11月16日】丸信は11月15日、新素材「LIMEX」の取り扱いを開始し、この素材を使用した、パッケージやラベルの受注を開始した。

「LIMEX」とは、石灰石を主原料とした日本発の新素材。プラスチックや紙の代替となり、リサイクルも可能なことから、持続可能な社会に貢献する革新的な新素材として、世界から注目を集めている。

石油由来プラスチックの使用量を抑え、CO2を含む温室効果ガスの排出を削減(CO2排出量:原材料調達段階 約98%、燃焼時 約58%の削減)。
LIMEX の製造工場は、実質「100%再生可能エネルギー」の電力により製造。製造工程で水をほぼ利用せず(水利用量を約97%削減)、原料に森林資源も一切使用しない。

主原料の石灰石は世界中に豊富に存在するため、石油由来プラスチックと比較して供給安定性が優れている。また、資源に乏しい日本にも240億トンの資源が埋蔵されているため、自給自足が可能となる。

優れた耐水性・耐久性があり、冷凍食品など、水滴の付着でヨレが心配される粘着ラベル等への利用に適している。
既存の設備を使って多様な成形方法に対応。専用の設備を必要とせず、既存の機械や製造方法を活用し、成形可能。押出成形、インフレーション成形、真空成形、射出成形が可能。

同社では、LIMEXを使うことは、SDGsの目標への貢献、持続可能な循環型イノベーションに貢献することができるとしている。

詳細は以下から
https://tb-m.com/limex/about/

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.