プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

調査レポート「デジタル印刷パッケージング市場 2027年までの世界予測」を発売 市場はCAGR8.9%で成長 2027年451億米ドルに グローバルインフォメーション


【2022年7月15日】グローバルインフォメーションはこのほど、MarketsandMarkets刊行の調査レポート「デジタル印刷パッケージング市場:印刷インク(溶剤系、UV系、水性)、印刷技術、フォーマット、パッケージのタイプ(段ボール、折りたたみカートン、軟質パッケージング、ラベル)、最終用途産業、地域別-2027年までの世界予測」を発売した。

この調査によると、デジタル印刷パッケージングの市場規模は、2022年の294億米ドルからCAGR8.9%で成長し、2027年には451億米ドルに達すると予測されている。
印刷物を短期間で経済的に生産することができるため、市場が拡大しているという。

オンデマンド印刷は、新しいパッケージングやグラフィックデザインの変更に伴い、未使用の在庫が発生しないよう、無駄を省くのに役立っている。また、インクジェットや電子写真などの印刷技術の発展により、デジタル印刷は最も費用対効果が高く、手軽に利用できる印刷方法の一つとなっていると分析している。

 

新型コロナの影響

2020年、デジタル印刷パッケージング市場はCOVID-19の大流行により多大な影響を受け、そのCAGRは大幅に低下した。しかし、2021年には包装分野での需要が継続していたため、デジタル印刷包装市場にプラスの影響を与えながら回復する様子が見受けられる。

サステナブル印刷の需要拡大

持続可能な印刷は、環境への影響を軽減するのに役立ち、リサイクルや再生可能な資源を利用することが可能。また、コールドプレスプレートなどの無処理プレートを使用することで、揮発性化合物を排除することができるため、デジタル印刷の利用が増加している。

デジタル印刷は、従来の印刷と異なり、フィルム版や感光剤を使用しないため、デジタル原稿から印刷に至るまでの前工程が不要。また、デジタル印刷機を使用することで、版の交換が不要になり、結果的に時間と資源の節約につながる。
この印刷方法は、どの企業にとってもグリーンクレデンシャルを向上させることが可能。さらに、有害な排気ガスを出さないため、オフセット印刷機で必要な換気も必要ない。
このため、エネルギー消費を低減し、再生資源を利用するため、印刷に使用する基材を幅広くリサイクルすることができる。

 

原材料の価格変動

過去数十年にわたり、印刷業界は高品質な印刷物をより安いコストで提供するという大きなプレッシャーにさらされてきた。しかし、原材料の価格変動は、印刷業界の収益性に好ましくない影響を及ぼしている。
紙やインキなどの原材料は、総コストの約30%を占めており、紙の製造における環境問題は紙の価格を上昇させる可能性があり、インクの価格は原油や樹脂の価格変動に影響される。また、環境規制の強化や一部の供給不足に加え、数々の地政学的な問題による原油価格の上昇も考えられ、燃料費や配送費も大幅に増加することが予測される。
為替の変動は国際的な原材料の価格上昇につながっている。

無料サンプル・レポートの詳細目次
https://www.gii.co.jp/report/mama1097881-digital-printing-packaging-market-by-printing-inks.html

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.