プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

キヤノン 複合機「imageRUNNER ADVANCE C3330F-RG」が「エコ・オブ・ザ・イヤー」を受賞


【2020年11月19日】キヤノンのオフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE C3330F-RG」がこのほど、日本環境協会が主催する「エコマークアワード2020」で「エコ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。
キヤノンの受賞は初。

imageRUNNER ADVANCE C3330F-RG

エコ・オブ・ザ・イヤーは、2019年度・2020年度に認定されたエコマーク認定商品(全12ジャンル/898件)の中から、特に環境性能や先進性、エコフレンドリーデザインなどに優れた商品をエコマークアワード選考委員会が表彰する制度。

今回受賞した「imageRUNNER ADVANCE C3330F-RG」(2019年8月発売)は、キヤノンが市場からの回収機を再生したオフィス向け複合機Refreshedシリーズの一つで、環境配慮と品質を両立している。

「imageRUNNER ADVANCE C3330F」の基本機能を継承しながら、丁寧な洗浄や清掃、サンドブラスト研磨による微細な傷の除去などを実施し、1台あたり約93.8%の部品リユース率(質量比)を達成した。

今回の受賞では、これらの特長がサーキュラー・エコノミー(循環経済)の象徴的な製品として高く評価された。また、業界最高水準の部品リユース率やキヤノンのリユース技術や、これらを可能とするリサイクル拠点の整備、環境技術の開発に対する姿勢も受賞理由として挙げられている。

同社では、「この受賞を励みに、今後もより一層環境に配慮したものづくりとカーボン・オフセットの取り組みを続けていく」としている。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.