プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

グラフテック 小型カッティングマシン「Silhouette CAMEO4 PLUS」を発売 A3/A3ノビサイズに対応


【2020年3月18日】グラフテックは3月26日、小型カッティングマシン「Silhouette CAMEO4 PLUS(シルエット カメオ4 プラス)」を発売する。

「Silhouette CAMEO」はグラフテックが「2011年に立ち上げた世界統一ブランド。同社はコンシューマー向けカッティングマシン市場の拡大を目指し、2009年10月にSilhouette America, Inc.(米国、ユタ州)を設立しており、シリーズの累計出荷台数は250万台を突破している。

新製品「Silhouette CAMEO4 PLUS」は、昨年10月に発売した「Silhouette CAMEO4」の機能・性能を継承し、381mm(15inch)幅のワイドサイズに対応。A3/A3ノビサイズがセットできるようになった。
新製品は最大カット速度は30cm/s、ツール自動検出機能付き2ペン仕様がで、ロール紙ストッカ内蔵し、Bluetoothも搭載している。デザインソフトウェア「Silhouette studio」を標準で付属し、描写ツールや画像トレース機能を使用してカットデータを作成し、データを送信できる。
さらに「Silhouette studio Business edition」のネスティング機能などを使用することで、効率よくデザインを配置でき、工数・コストを大幅に削減可能する。

今回の発売に合わせて、15inch(381mm)カッティング用台紙やカッティングフィルムなど、15inch対応のサプライ品も、グリッターのカッティングフィルムや、フロックのアイロンプリントシート、タトゥーシールなどの150種を超えるサプライ品も用意した。
このほか、デザインストアSilhouette Design Storeで15万点以上のデザインコンテンツが購入できる。

同社では年間販売数を国内で2,000台としている。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.