プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

キヤノン MJ カード追記プリンタ新製品「CX-M1720」を3月発売 カードへの追記に活躍


【2020年1月17日】キヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ)は3月、キヤノンファインテックニスカ製のカード追記プリンタ新製品「CX-M1720」を発売する。

「CX-M1720」は、通知カードやマイナンバーカードなどへの券面印字が可能なプリンタ。
2015年に発売したカード追記専用プリンタ「CX-M1700」が、各市町村特別区の裏書きをはじめとする追記業務の課題に応えている。新製品「CX-M1720」では、ユーザーの要望を反映し、カード通紙安定性の向上などの改善・改良を行っている。

通知カードやマイナンバーカードなどへの券面印字が可能で、サインパネル領域への券面印字が可能。インクジェット印刷方式を採用しているため、昇華型方式のように使用済みインクリボンが発生せず個人情報の漏えいを防止する。また、インクリボンを廃棄処理も不要。

搬送部分の機構を強化し、カード搬送力を向上。また、「通知カードホルダー」を標準装備。正常に切り取られていない通知カードでも、正確に印字しやすくなった(特許出願中)。

住民記録システムから直接出力することで、データの二重管理を防ぎ、二重入力によるミスの防止を実現している。
本体サイズは、幅134mm、奥行き296mm、高さ250mm、解像度は1200dpi で極小文字や外字、公印画像も出力できる。価格はオープン。

同社では年間1,000台の販売を目標としている。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.