プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【速報②】「コンバーティングテクノロジー総合展2018」 シンク・ラボが水性IJをデモ 軟包装への新提案とフィルム 


【2018年2月15日】「コンバーティングテクノロジー総合展2018」(同時開催:Convertech JAPAN/新機能性材料展/Printable Electronics)が2月14日、江東区有明の東京ビッグサイトで開幕した。

コンバーティング2018

同展示会は、機能性フィルムやナノファイバーなどのマテリアルをはじめ、ものづくりの根幹を支える装置や資機材、技術、サービスを集めた見本市群。プリント関連でも印刷機や後加工機、部材などが展示されており、毎回注目を集めている。
今回は16日(金)までの開催で50,000人の来場者を見込む。

速報①に引き続き、印刷関連の製品やサービスを紹介する。

【関連記事】
【速報①】「コンバーティングテクノロジー総合展2018」 デジタルプリントと検査、ニス

開催中「3D Printing 2018」速報レポート カラープリント多彩に 「ミマキ」「XYZ」「ストラタシス」「キーエンス」

 

コンバーティング速報②

シンク・ラボラトリー(2V-01)は、水性インクジェット印刷機「FX-IJ 」を実演している。
同機は試作4台目で、さらに完成度を上げている。
ブースでは軟包装用の印刷を行い、印刷品質の良さをアピールしている。

コンバーティング2018 コンバーティング2018

また、ブルボンのお菓子「プチモール」で採用(受託加工)されており、商品の自販機を置いて採用の経緯などを解説している。

コンバーティング2018 コンバーティング2018

 

総武機械(3F-09は、水性フレキソ印刷機「Watergreen」のサンプル展示を行った。
フレキソ印刷は溶剤を使用しないため、環境規制の厳しい欧米では軟包装向けに主流の印刷方式。
サンプルは、フィルムと軟包装の両方に印刷されており、CMYK4色の色味を確認できる。
担当者は「環境にやさしい印刷を広めたい」と話す。

コンバーティング2018 コンバーティング2018

 

村田金箔グループ (3T-03は、自社の金箔技術やホログラムなどをアピールしている。
同社のブース正面には、ホログラムを貼り込んだバイクと、純金箔製の鉄腕アトムを陳列している。

コンバーティング2018 コンバーティング2018

新製品の「シームレス・レンズホロ継ぎ目なし」は、これまでの課題だったレンズホロの継ぎ目をなくし使いやすくしている。
このほか、「ハーフ蒸着ホロ」や「ヘアラインホログラム」などの新製品も展示している。

 

日栄化工(3F-18は、自社開発のさまざまなフィルム製品を展示した。

参考出品の「バグバリア」は、虫が嫌がる成分を塗布しており、アリやダンゴムシ、ゴキブリが寄ってこないというもの。
毒性は弱く、人体やペットへの影響がほとんどないことも特長。

コンバーティング2018 コンバーティング2018

担当者は「飲食店や工場はもちろん、家庭でも無視の多い季節に使用してほしい」と話す。

このほか防虫関連では昨年発売の「カペタン」 を展示。同製品は蚊が止まると、血を吸わなくなるシート。不織布に虫よけの成分を塗布しており、こちらも人体には優しい。

コンバーティング2018

 

【関連記事】
【速報①】「コンバーティングテクノロジー総合展2018」 デジタルプリントと検査、ニス

開催中「3D Printing 2018」速報レポート カラープリント多彩に 「ミマキ」「XYZ」「ストラタシス」「キーエンス」

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.