印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

印刷技術懇談会 「drupa2016の最新情報」をレポート ブライター・レイター山下潤一郎代表を講師に


【2016年6月20日】「印刷技術懇談会6月例会」が6月17日、東京都中野区の東京工芸大学で開催され、73人が参加した。
今回はブライター・レイターの山下潤一郎代表を講師に「drupa2016の最新情報」に関する講演が行われた。

印刷技術懇談会 2016年6月

内容は5月13日から6月10日まで、ドイツのメッセ・デュッセルドルフで行われた「drupa2016」の注目の出展内容を山下氏独自の視点で分析したもの。多くの写真と詳細な取材による現場の声を交えて、同イベントの傾向を分かりやすく紹介した。

印刷技術懇談会 山下潤一郎氏

講演では、「(デジタル印刷機で)B1サイズが出てきたメリットは?」「インクジェットのメリットは?」などの質問を参加者に投げかけ、「これらをしっかりく答えられないと、drupaのトレンドに乗っていけない」と、考え方のヒントを示した。

印刷技術懇談会 018

参加者は閉幕したばかりの「drupa2016」についての生々しいレポートに熱心に耳を傾け、印刷業界の技術トレンドを吸収する姿が見られた。

また、会場には山下氏が持ち帰った多くの印刷サンプルを用意。話題のLandaをはじめ最新デジタル印刷機の品質を比較できる貴重な機会となった。

なお、「drupa2016」に関するレポートや分析などの概要は、山下氏が運営する「ブライター・レイター Blog」で掲載する予定。


ブライター・レイター Blog

http://brighterlaterblog.blogspot.jp/


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.