プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

速報①「プレミアム・インセンティブショー秋2019」 デジタルプリント関連のグッズに注目


【2019年10月17日】「第60回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2019」が10月16日、池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター文化会館で開幕した。

同展示会はプレミアム品や販促品、店舗用グッズなどを集積したイベントで、10月18日(金)まで開催している。

プリント&プロモーションでは、デジタルプリントを使ったグッズを出品しているブースを中心に注目し速報でお伝えする。

 

速報①

大同至高印刷は、PP専門の印刷・加工会社。
ブースでは、売り出し中のメガホンうちわやミニうちわのほか、自走ミニカーなどユニークな加工品を多く展示していた。

アルファ商事は、オリジナルプリントを施した傘を紹介している。
プリントはインクジェットプリントやシルクスクリーンで、オリジナルグッズのほか、企業のロゴマーク、ホテルの貸し傘などでも採用されている。
60本から作成可能だが、経済ロットは500本程度から。

トライポッドは、各種缶バッジをPR。「ぷに缶バッジ」は柔らかな素材を使用し、ぷにぷにとした感触が特徴。このほか蓄光やキラキラなど、ユニークな素材の缶バッジを用意している。経済ロットは500個だが、プリントはインクジェットプリンタで行っており1個などの少量も可能という。

柴田印刷の「コロコロコイン」は、今回初披露の紙製の貯金箱。お金を入れるとコロコロと転がり、中にたまっていく様子が面白い。展示の中心はA4サイズで500円玉が30個入るもの。
紙製なので、比較的安価で、オフセット印刷でプリントするため1000個〜という比較的少量での生産が可能という。
自衛隊などで採用があり、ファングッズとして人気となっている。

イメージ・マジックの「フルカラー不織布バッグ」は、国内生産で、10000個の注文でも15日後の納品が可能。フルカラープリントでさまざまなデザインや企業ロゴなどをプリントできる。

田岡製缶はオリジナルプリントが可能な缶「フォトキューボ」を展示した。
フォトキューボはフタつきの缶に写真などのデータからインクジェットプリンタでプリントするもので、最小で6700円から、最大で8100円からプリントが可能。観測面全部に印刷ができ、容器としての使用はもちろん、店舗や展示会のディスプレイとしても活用できる。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.