プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

東芝テック インクジェットヘッド事業を理想科学工業へ71億円で売却 事業の選択と集中が目的

【2023年12月25日】東芝テックはこのほど、同社と子会社のインクジェットヘッド事業を理想科学工業へ売却した。

この事業売却では、同社と子会社のテックプレシジョン(TPI)のインクジェットヘッド事業を、理想科学工業が新たに設立する子会社に会社分割(簡易吸収分割)の方法で承継させる。
売却金額は約71億円。

東芝テックでは「事業の選択と集中による経営資源の最適化を検討する中、対象事業の事業転換を加速し、新たな価値を提供するためにはソリューション領域を拡大するための強力なパートナーが必要だと判断した」。
また「理想科学工業は、インクジェットプリンターの分野で高い技術・開発力があり、同社と統合することで効果的な資源投資が可能となり、更なる付加価値向上により大きな成長が期待できると考えている」としている。

一方の理想科学工業は「事業を承継することにより、すでに保有するプリントシステム及びインクの技術に、新たにインクジェットヘッド技術が加わる。この総合力を発揮し、印刷機器事業の効率的な運営と製品の性能・品質の向上を図る。また、本対象事業が行っているインクジェットヘッドの販売を新規事業と位置づけ、新たな成長に向けて取り組む」としている(両社コメントは一部要約)。

なお、新設子会社の設立日は2024 年 4 月 1 日を予定している。

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.