プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

DNP 中国・四国エリア初のBPO運用拠点「広島コンタクトセンター」を開設 16拠点・1,600席で運用強化

【2023年10月5 日】大日本印刷(DNP)とDNPコアライズは10月2日、広島県広島市に新たなBPO運用拠点「広島コンタクトセンター」を開設。同日に開所セレモニーも開催された。
この中国・四国エリア初の拠点によって、DNPのBPO事業は、運用中の国内15カ所*3と合わせて、16拠点・1,600席の規模で運用することとなった。

「広島コンタクトセンター」は、企業等の顧客とのコンタクト業務やバックオフィス業務など幅広い業務を代行する施設で、DNPが進めるBPO(Business Process Outsourcing)事業の体制強化の一環。
マーケティング関連の技術的なサポートや、企業側から見込み顧客にアプローチするセールスアウトバウンドをはじめとするコンタクト業務など、高度なオペレータースキルが必要な業務を中心に運用する予定。

これら拠点の業務は、多様な業界のカスタマーセンターや通信販売等の注文受付センター、申請業務といったバックオフィス。電話やメール、チャット、SNSなどのコミュニケーションチャンネルを活用するとともに、音声認識や自動応答システム、AIチャットボットなどの最新技術も活用し、効率的で顧客満足度の高いサービスを提供している。
上記を組み合わせることで、より幅広く、より自由度が高い柔軟なBPO運用を実現する。

10月2日のセレモニーの様子

今後、DNPとDNPコアライズは、今回の西日本エリアのBPO事業の体制強化によって、国内全てのエリアからの需要をカバー。また、最新技術を活用した効率的かつ満足度の高いサービスの提供に努め、より幅広い業務に柔軟に対応できる体制構築を推進し、BPO事業をさらに拡大していく。

DNPのコンタクトセンターサービスについて
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189607_1567.html

DNPコアライズについて
https://www.dnp-coarise.co.jp/index.html

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.