プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 「トッパングループ環境ビジョン2050」を策定 新たな数値目標を設定


【2021年1月16日】凸版印刷はこのほど、「トッパングループ環境ビジョン2050」を策定した。
同ビジョンは、将来にわたってあらゆる生命が存続できる持続可能な社会の実現に向け、地球環境課題への長期的な取り組み方針を定めたもの。

策定に合わせ、当社のSDGs全社活動マテリアリティ「環境配慮・持続可能な生産」のKPI(Key Performance Indicators)を見直し、「トッパングループ2030年度中長期環境目標」として新たな数値目標を設定している。

 

近年ますます深刻化する気候変動や海洋プラスチック問題などの環境課題への長期的・継続的な取り組みに向けて、SDGs全社活動マテリアリティ「環境配慮・持続可能な生産」における2050年に向けた長期的な目標を明確にしている。

 

さらに、このビジョンに基づいたバックキャスト方式の検討により、全社活動マテリアリティ「環境配慮・持続可能な生産」のKPIである「トッパングループ2030年度中長期環境目標」の見直しも実施。
「脱炭素社会への貢献」において従来から設定されていた温室効果ガス排出Scope1+2削減目標を上方修正するとともに、「資源循環型社会への貢献」「水の最適利用」それぞれについては新たに2030年度目標を設定している。

なお、凸版印刷は、SDGsに事業活動として取り組む事業活動マテリアリティについて、さらに具体的な目標に落とした「TOPPAN Business Action for SDGs」を2020年11月に発表しており、今後この事業活動マテリアリティにおける「サステナブルな地球環境」の数値目標も公表予定。

「TOPPAN SDGs STATEMENT」 PDFデータ
https://www.toppan.co.jp/assets/pdf/sustainability/toppan_sdgs_statement.pdf

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.